ゆたゆたさんの本棚にある大内裕和の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,415冊の本を読み終え、328,482ページをめくりました。

大内裕和
大内 裕和(おおうち ひろかず、1967年 - )は、日本の社会学者、教育学者。中京大学国際教養学部教授。専攻は教育社会学、歴史社会学。 神奈川県出身。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。松山大学人文学部助教授を経て、2007年度より同大学教授。2011年度より中京大学国際教養学部教授。 教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会の呼びかけ人の一人で、高橋哲哉とともに教育基本法改正反対運動の中心人物である。「格差社会問題」、「貧困問題」にも詳しい。1990年代末頃から『現代思想』(青土社)等に数々の論文を発表している。 著書 大内裕和 著『教育基本法改正論批判―新自由主義・国家主義を越えて』(白澤社、2003年) 高橋哲哉・大内裕和・三宅晶子・小森陽一 編著『緊急報告 教育基本法「改正」に抗して―全国各地からの声』(岩波書店、2004年) 大内裕和・高橋哲哉 共著『教育基本法「改正」を問う―愛国心・格差社会・憲法』(白澤社、2006年、ISBN 978-4768479162) 大内裕和 編著『リーディングス 日本の教育と社会 第5巻 愛国心と教育』(日本図書センター、2007年6月) 大内裕和・今野晴貴 共著『ブラックバイト』(堀之内出版、2015年4月。

皆の本棚から大内裕和の本を探す