ゆたゆたさんの本棚にある國分功一郎の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

國分功一郎
國分 功一郎(こくぶん こういちろう、1974年7月1日 - )は、日本の哲学者。高崎経済大学経済学部准教授。 千葉県柏市出身。1997年、早稲田大学政治経済学部卒業。2009年、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了。学位は、DEA・哲学(パリ第10大学・2001年)、DEA・言語学(社会科学高等研究院・2002年)、及び博士(学術)(東京大学、2009年)。 東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻における博士学位請求論文は「スピノザの方法」。論文の内容は、17世紀の合理主義哲学者バールーフ・デ・スピノザがその著書『知性改善論』において提示しようとした「方法methodus」を解明するもの。主査は森山工、副査は山脇直司、増田一夫、原和之、鈴木泉らが務めた。 研究領域 主な研究対象は次の二つである。一つは17世紀の哲学に関する研究、もう一つはフランス現代哲学に関する研究である。博士論文であり初の単著となった著作は、スピノザ論(『スピノザの方法』)であった。

皆の本棚から國分功一郎の本を探す