ゆたゆたさんの本棚にある吉見 俊哉の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

吉見俊哉
吉見 俊哉(よしみ しゅんや、1957年4月22日 - )は、日本の社会学者。東京大学大学院情報学環教授、東京大学副学長。専門は都市論、文化社会学(カルチュラル・スタディーズ)。 人物・来歴 東京都生まれ。1976年に東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)を卒業後、東京大学教養学部に進学、教養学科相関社会科学分科を卒業後、同大学大学院社会学研究科で学ぶ。東京大学新聞研究所助手、助教授、東京大学社会情報研究所教授、組織統合により2004年より現職。2006-08年学環長。2009年6月から東京大学新聞社理事長。 学部時代は「劇団綺畸」に所属し、如月小春らと演劇をしていた。 学歴 1976年 東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業 1981年 東京大学教養学部教養学科相関社会科学分科卒業 1987年 東京大学大学院社会学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学 職歴 1987年 東京大学新聞研究所助手 1990年 東京大学新聞研究所助教授 1992年 東京大学社会情報研究所助教授(研究所改組により) 1993年9月 エル・コレヒオ・デ・メヒコ(メキシコ)客員教授( - 94年3月) 1998年 フランス社会科学高等研究院客員研究員(98年4月 - 5月) 1999年 オーストラリア・ウェスタンシドニー大学客員研究員(99年3月 - 5月) 2000年 東京大学社会情報研究所教授 2004年 東京大学大学院情報学環教授(組織統合により) 2006年 - 2008年3月 東京大学大学院情報学環 学環長 2009年6月 財団法人東京大学新聞社理事長 2010年 東京大学教育企画室長、東京大学総合教育研究センター長、東京大学史史料室長 2011年 東京大学副学長、文部科学省日本ユネスコ国内委員会委員 著作 単著 『都市のドラマトゥルギー――東京・盛り場の社会史』(弘文堂、1987年/河出書房新社 2008年) 『博覧会の政治学――まなざしの近代』(中公新書、1992年、講談社学術文庫、2010年) 『メディア時代の文化社会学』(新曜社 1994年) 『「声」の資本主義――電話・ラジオ・蓄音機の社会史』(講談社、1995年)のち河出文庫  『リアリティ・トランジット――情報消費社会の現在』(紀伊國屋書店、1996年) 『情報文化の学校――ネットワーク社会のルール・ロール・ツール』(NTT出版、1998年) 『カルチュラル・スタディーズ』(岩波書店、2000年) 『カルチュラル・ターン、文化の政治学へ』(人文書院、2003年) 『メディア文化論――メディアを学ぶ人のための15話』(有斐閣、2004年) 『万博幻想――戦後政治の呪縛』(ちくま新書 2005年) 改題『万博と戦後日本』、講談社学術文庫、2011年 『親米と反米――戦後日本の政治的無意識』(岩波新書 2007年) 『シリーズ日本近現代史(9)ポスト戦後社会』(岩波新書、2009年) 『大学とは何か』岩波新書 2011  『夢の原子力 Atoms for Dream』ちくま新書、2012  『アメリカの越え方 和子・俊輔・良行の抵抗と越境』現代社会学ライブラリ-・弘文堂、2012 『ネット時代のコペルニクス-知識とは何か』 (光村図書 国語3 2012) 共著 (若林幹夫・水越伸)『メディアとしての電話』(弘文堂、1992年) (苅宿俊文・佐伯胖・佐藤学)『コンピュータのある教室 - 創造的メディアと授業』(岩波書店、1996年) (水越伸)『メディア論』(放送大学教育振興会, 1997年) (大澤真幸・小森陽一・田嶋淳子・山中速人)『メデイア空間の変容と多文化社会』(青弓社、1999年) (白幡洋三郎・平田宗史・木村吉次・入江克己・紙透雅子)『運動会と日本近代』(青弓社、1999年) (姜尚中)『グローバル化の遠近法 - 新しい公共空間を求めて』(岩波書店、2001年) 『311情報学――メディアは何をどう伝えたか (叢書 震災と社会)』高野明彦,三浦伸也共著 岩波書店、2012  『3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察』栗原彬,テッサ・モーリス=スズキ,苅谷剛彦,杉田敦,葉上太郎共著 岩波書店、2012  編著 『都市の空間 都市の身体』(勁草書房、1996年) 『メディア・スタディーズ』(せりか書房、2000年) 『カルチュラル・スタディーズ』(講談社、2001年) 『1930年代のメディアと身体』(青弓社、2002年) 『戦争の表象――東京大学情報学環所蔵第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスターコレクション』(東京大学出版会 2006年) 共編著 (栗原彬・杉山光信)『記録・天皇の死』(筑摩書房 1992年) (井上俊・上野千鶴子・大澤真幸・見田宗介)『岩波講座現代社会学(全27巻)』(岩波書店 1995年-1997年) (見田宗介・上野千鶴子・内田隆三・佐藤健二・大澤真幸)『社会学文献事典』(弘文堂、1998年) (嶋田厚・柏木博)『情報社会の文化 (3) デザイン・テクノロジー市場』(東京大学出版会、1998年) (木下直之)『ニュースの誕生――かわら版と新聞錦絵の情報世界』(東京大学出版会、1999年) (花田達朗, コリン・スパークス)『カルチュラル・スタディーズとの対話』(新曜社、1999年) (栗原彬・小森陽一・佐藤学)『越境する知 (1 - 6) 』(東京大学出版会、2000年-2001年) (成田龍一)『20世紀日本の思想』(作品社, 2002年) (北川高嗣・須藤修・西垣通・浜田純一・米本昌平)『情報学事典』(弘文堂、2002年) (青木保・姜尚中・小杉泰・坂元ひろ子・莫邦富・山室信一・四方田犬彦)『アジア新世紀(全8巻)』(岩波書店, 2002年-2003年) (水越伸)『メディア・プラクティス - 媒体を創って世界を変える』(せりか書房、2003年) (花田達朗)『社会情報学ハンドブック』(東京大学出版会、2004年) (テッサ・モーリス=スズキ)『グローバリゼーションの文化政治』(平凡社 2004年) (若林幹夫)『東京スタディーズ』(紀伊國屋書店 2005年) (町村敬志)『市民参加型社会とは――愛知万博計画過程と公共圏の再創造』(有斐閣 2005年) (佐藤健二)『文化の社会学』(有斐閣 2007年) (北田暁大)『路上のエスノグラフィ――ちんどん屋からグラフィティまで』(せりか書房 2007年) (土屋礼子)『叢書現代のメディアとジャーナリズム(4)大衆文化とメディア』、ミネルヴァ書房, 2010 (長尾真・遠藤薫)『書物と映像の未来――グーグル化する世界の知の課題とは』、岩波書店, 2010 (石川徹也・根本彰)『つながる図書館・博物館・文書館――デジタル化時代の知の基盤づくりへ』、東京大学出版会, 2011 『占領する眼・占領する声: CIE/USIS映画とVOAラジオ』土屋由香共編 東京大学出版会、2012  『岩波映画の1億フレーム (記録映画アーカイブ)』丹羽美之共編 東京大学出版会、2012  訳書 クロード・S・フィッシャー『電話するアメリカ - テレフォンネットワークの社会史』(NTT出版、2000年) ロジャー・シルバーストーン『なぜメディア研究か - 経験・テクスト・他者』(せりか書房、2003年) キャロリン・マーヴィン『古いメディアが新しかった時 - 19世紀末社会と電気テクノロジー』(新曜社、2003年) 関連項目 筑波大学附属中学校・高等学校の人物一覧 脚注 外部リンク お茶の間のなかの「ニッポン」―アメリカのまなざしの下で― - 東京大学講演 新・学問のすゝめー大学は、何処から来て何処へ行くのか - 東京大学講演。

皆の本棚から吉見 俊哉の本を探す