ゆたゆたさんの本棚にある吉川 幸次郎の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,415冊の本を読み終え、328,482ページをめくりました。

吉川幸次郎
吉川 幸次郎(よしかわ こうじろう、1904年3月18日 - 1980年4月8日)は、日本の中国文学者。文学博士(京都大学)。芸術院会員、文化功労者、京都大学名誉教授。 生涯 兵庫県神戸市の貿易商の次男に生まれる。中宮小学校を経て諏訪山小学校を卒業した。1916年(大正6年)に神戸第一中学校(現在の兵庫県立神戸高等学校)入学後は、「史記」「水滸伝」「西遊記」「三国志」などの訳書に親しんだ。 1920年(大正9年)、第三高等学校文科甲類へ進み、雑誌『支那学』の同人だった青木正児の知遇を得、また現代中国語を学び、1923年(同12年)、大学進学の休みに中国江南を旅した。中国へ傾いたのには、芥川龍之介や佐藤春夫の影響もあった。 大学は京都帝国大学文学部文学科、狩野直喜・鈴木虎雄に考証学・中国語学・古典中国文学を学んだ。1926年(大正15年)卒業論文『倚声通論』を漢文で書き、大学院に進み唐詩を研究した。 1928年(昭和3年)から1931年(同6年)まで、先輩格の倉石武四郎と北京に留学し、帰国後東方文化学院京都研究所(後の東方文化研究所、現在の京都大学人文科学研究所)所員となり、京大文学部の講師を兼ねた。

皆の本棚から吉川 幸次郎の本を探す