ゆたゆたさんの本棚にある勝谷誠彦の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

勝谷誠彦
勝谷 誠彦(かつや まさひこ、1960年12月6日 - )は、日本のコラムニスト、ライター、タレント写真家、元ジャーナリスト。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属(マネジメント契約)。日本写真家協会会員、株式会社世論社取締役、弟は大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授で内科医の勝谷友宏。 生い立ち 兵庫県尼崎市出身。開業医(立花駅前の勝谷医院)の家に生まれる。西宮市立の小学校を経て尼崎市立七松小学校から灘中学校に進学。灘高校時代には生徒会長を務めるとともに、地学研究部に所属し全国各地で鉱物を採集した。学校では教師を捉まえては議論を持ちかけるタイプの生徒であったが成績は悪く、特に数学と英語が苦手であった。「最初から最後まで下から3番目とかだった」と回想している。卒業に関しては「私と物理学」という作文を書いて何とか卒業を認めて貰ったという経緯もあるという。 大学受験では、現役時に筑波大学医学専門学群の受験に失敗している。翌年には東京大学文科Ⅲ類に不合格となるも、早稲田大学第一文学部に合格(後に文芸専修に進む)。

皆の本棚から勝谷誠彦の本を探す

  • 美しき日本人は死なず

    [未評価] 20090911第1版第1刷 アスコム 光文社 女性自身編集部 Amazon…

    [総ページ数:206] 2014/06/14 03:27:42更新