ゆたゆたさんの本棚にある内藤 湖南の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,411冊の本を読み終え、327,818ページをめくりました。

内藤湖南
内藤 湖南(ないとう こなん、1866年8月27日(慶応2年7月18日) - 1934年(昭和9年)6月26日)は日本の東洋史学者。名は虎次郎。字は炳卿(へいけい)。湖南は号。別号に黒頭尊者。白鳥庫吉と共に戦前を代表する東洋学者であり、戦前の邪馬台国論争、中国に於ける時代区分論争などで学会を二分した。 生涯 上京まで 1866年 (慶応年間)陸奥国毛馬内村(けまないむら、現・秋田県鹿角市)にて、南部藩士・内藤調一(1832年 - 1908年。号は十湾)と容子の次男として生まれる。父・十湾は折衷学派に属していた。 13歳時で頼山陽『日本外史』を通読したという。 1884年(明治17年) 秋田師範学校を卒業して、綴子(つづれこ)小学校の主席訓導(実質的には校長)となる。 1887年(明治20年)に上京する。 京都帝国大学教授就任まで 1887年(明治20年) 仏教雑誌「明教新誌」の記者(主管は大内青巒)。(その後「三河新聞」や雑誌「日本人」、「大阪朝日新聞」、「台湾日報」、「万朝報」などの編集で名を馳せた。

皆の本棚から内藤 湖南の本を探す