ゆたゆたさんの本棚にある信原 幸弘の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

信原幸弘
信原 幸弘(のぶはら ゆきひろ、1954年 - )は、日本の哲学者。専門は科学哲学、心の哲学、認知科学の哲学。現在の執筆活動はもっぱら心の哲学が中心。物的一元論を唱える。現職は東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系 科学基礎論大講座 助教授。兵庫県生まれ。
1954年 - 兵庫県で誕生
1983年3月 - 東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎論専攻博士課程同単位取得退学
1996年4月より東京大学大学院総合文化研究科助教授、現在に至る
『考える脳・考えない脳―心と知識の哲学』 講談社、2000年 ISBN 4061495259
『意識の哲学―クオリア序説』 岩波書店、2002年 ISBN 4000265881
『意識の科学は可能か』 新曜社、2002年、担当「言語からみた意識」177頁~200頁 ISBN 4788508001


皆の本棚から信原 幸弘の本を探す