ゆたゆたさんの本棚にある佐々木 孝次の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,415冊の本を読み終え、328,482ページをめくりました。

佐々木孝次
佐々木 孝次(ささき たかつぐ、1938年10月28日 - )は、日本の精神分析学者、元・専修大学教授。 東京都生まれ。1961年早稲田大学仏文科卒、1963年同大学院修士課程修了、パリ大学へ留学し、フロイト、ジャック・ラカンの精神分析と出会い、自分自身を分析し、精神分析を専門とする。コーズ・フロイディエンヌ(ラカン派)正会員。帰国してからは、1970年に杉野女子大学助教授、1993年まで信州大学教養部教授、1993年から2009年まで専修大学文学部教授(2009年3月末日に定年退職)。 日本における父親権力の弱さを指摘し、河合隼雄の立場に近かったが、「愛させる技術」日本語における「蠱物(まじもの)」としての言葉などを提唱し、次第に日本文化論へ向かった。岸田秀とともに、伊丹十三に影響を与えた一人である。パリ時代の自己分析の過程を描いた『心の探究』は伊丹に絶賛されている。 著書 母親・父親・掟 精神分析による理解 せりか書房 1979.3 心の探究 精神分析の日記 せりか書房 1980.3 愛することと愛させること 弘文堂 1981.9 父親とは何か その意味とあり方 講談社現代新書 1982.2 ラカンの世界 弘文堂 1984.11 母親と日本人 文藝春秋 1985.1 幻影のディスクール 福武書店 1986.6 甦るフロイト思想 講談社現代新書 1987.5 三熊野幻想 天皇と三島由紀夫 せりか書房 1989.3 蠱物としての言葉 有斐閣 1989.10 祖霊という装置 青土社 1992.11 エディプス・コンプレクスから模倣の欲望へ 情況出版 1996.12 文字と見かけの国―バルトとラカンの「日本」―太陽出版 2007.12 「気」の精神分析 せりか書房 2011.2 共著 快の打ち出の小槌 日本人の精神分析講義 伊丹十三対談 朝日出版社 Lecture books 1980.5 ラカン『アンコール』解説 せりか書房 2013.7 翻訳 ネチャーエフ ニヒリズムからテロリズムへ ルネ・カナック 現代思潮社 1964 シルヴィ ネルヴァル 世界青春文学名作選 第23 学習研究社 1965 クロノス・エロス・タナトス マリー・ボナパルト せりか書房 1968 欲望と幻想 精神分析における構造主義 編訳 サイマル出版会 1970 女性と性 マリー・ボナパルト 弘文堂 1970 精神分析50語 ジャック・シャゾー 朝日出版社 1975 エクリ 2-3 ジャック・ラカン 三好暁光、早水洋太郎共訳 弘文堂 1977-1981 精神分析における象徴界 ギイ・ロゾラート 法政大学出版局 1980.10 女性のセクシュアリティ ムスタファ・サーファン 共訳 弘文堂 1982.6 ジャック・ラカンの生涯と伝説 カトリーヌ・クレマン 市村卓彦共訳 青土社 1983.1 ディスクール ジャック・ラカン 市村卓彦共訳 弘文堂 1985.7 無意識の形成物 ジャック・ラカン著、ジャック=アラン・ミレール編 原和之、川崎惣一共訳 岩波書店 2005-2006。

皆の本棚から佐々木 孝次の本を探す

  • 「気」の精神分析

     
     
     10%

    [未評価] 20110215第1刷発行 せりか書房 大分アパート蔵書 20171221入力…

    [残りページ数:289] 積ん読1年以上