ゆたゆたさんの本棚にある井波 律子の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,409冊の本を読み終え、326,845ページをめくりました。

井波律子
井波 律子(いなみ りつこ 1944年 - )は、日本の中国文学者 中国文学研究者。『三国志』の研究や『三国志演義』の翻訳などで知られる。国際日本文化研究センター名誉教授。
1944年、富山県に生まれる。小学生の時京都府に転居、京都大学文学部を経て、1972年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。74年京大助手。76年金沢大学助教授、90年教授。1995年に国際日本文化研究センター教授。2009年定年退任。
1972年の「曹操論」(『中国文学報』京都大学文学部中国語学中国文学研究室)をはじめ、「『三国志演義』--語り物から物語文学へ」(『創造の世界』小学館、1998年)や「『阮籍・けい康の文学』大上正美--六朝文学に賭けたパトスの精華」(『東方』東方書店発行、2000年)など論文多数。


皆の本棚から井波 律子の本を探す