ゆたゆたさんの本棚にある久住 昌之の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

久住昌之
久住 昌之(くすみ まさゆき、1958年7月15日 - )は、日本の漫画原作者、漫画家、エッセイスト、装丁家。泉晴紀とともに泉昌之(いずみ まさゆき)としてコンビを組んだり、実弟の久住卓也とともにQ.B.B.としてコンビを組んで、作品を発表した。漫画業の他にも、デザイン・音楽など幅広い活動を行う。 経歴・人物 東京都三鷹市出身。法政大学社会学部卒業。大学在学中から美術や音楽活動に興味を持ち、美学校に通い、赤瀬川原平に師事した。また、南伸坊などと知り合う。1981年には、美学校の同期生、泉晴紀とコンビを組み、「泉昌之」として『ガロ』誌に漫画を持ち込み、漫画家デビューする。 また、写真家・滝本淳助とのコンビによる「写真四コマ漫画」も発表。滝本とはその後も交友が続き、彼の異常な価値観を描いた『タキモトの世界』。また、滝本や周辺の人が見た不思議な夢を聞き集めて、久住が絵に描いた『夢蔵』(漫画家の「東陽片岡」がそのペンネームを決める切っ掛けとなった夢も収録されている)なども執筆している。

皆の本棚から久住 昌之の本を探す