ゆたゆたさんの本棚にある中村 淳彦の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

中村淳彦
中村淳彦(なかむら あつひこ、1972年- )は、日本のノンフィクション作家,ノンフィクションライター。東京都目黒区生まれ。 明治学院中学校・明治学院東村山高等学校、専修大学経済学部卒業。編集プロダクション、出版社を経て、フリーライターとなる。 代表作は企画AV女優のインタビュー集「名前のない女たち」であり、同作は佐藤寿保によって映画化され、第33回モスクワ国際映画祭で正式上映されることになった。 著書 『名前のない女たち 企画AV女優20人の人生』宝島社 2002 のちに文庫、宝島社新書 『アタシは生きる!! AV女優22人の人生』宝島社 2004 「名前のない女たち 2」文庫 『"恋愛"できないカラダ 名前のない女たち3』宝島社 2006 のちに文庫化 『暴走族、わが凶状半生 実話マッドマックスプレゼンツ』コアマガジン 2008 『名前のない女たち最終章 セックスと自殺のあいだで』宝島社 2009 のちに文庫化 『売春未満 新・名前のない女たち 素人女性編』宝島社、2011 『名前のない女たち ベストセレクション』宝島sugoi文庫、2011 総集編 『名前のない女たち セックス依存症編』宝島sugoi文庫、2012 一部書き下ろし 『職業としてのAV女優』幻冬舎新書 2012 『デフレ化するセックス』宝島社新書 2012 『崩壊する介護現場』ベスト新書 2013 『日本の風俗嬢』新潮新書 2014 『日本人が知らない韓国売春婦の真実』宝島社 2014 『ワタミ渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』コアマガジン 2014 『ルポ中年童貞』幻冬舎新書 2015 桜井トシフミによりリイド社でウェブ漫画化 『AVビジネスの衝撃』小学館新書 2015 『女子大生風俗嬢〜若者貧困大国・日本のリアル』朝日新書 2015 『熟年売春〜アラフォー女子の貧困の現実』ミリオン出版 2016 『図解日本の性風俗』メディアックス 2016 共著 『職業としての風俗嬢』勅使河原守共著 宝島社新書 2015 脚注 関連人物 永沢光雄。

皆の本棚から中村 淳彦の本を探す