ゆたゆたさんの本棚にある中村 彰彦の本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

中村彰彦
中村 彰彦(なかむら あきひこ、1949年6月23日 - )は、小説家。直木賞受賞。栃木県栃木市出身。本名「加藤 保栄」。主に、歴史小説・時代小説を中心に執筆している。 作風 自身ではいずれのジャンルに属するかは拘らないが、飽くなき史実第一主義者を自称しており、従来の順逆史観排除の姿勢を採っている。 世間一般に知られた偉人ではなく、歴史に埋もれた逸材に焦点を当てることを好む。実在した人物を主人公とする小説のほかに歴史物語や新書を書くこともあるので、これらのジャンルをひとまとめにして「史伝文芸」と称している。 文体は硬調で随所に漢語的、古語表現が見られ、季節感を重視し、年号の陽暦換算が特徴。 自身の検証による新説を次々と打ち立てているが、都合のいい資料だけを選出して批判的な資料を無視する傾向があり「史実ではなく小説」と批判されることも多い。 会津に対して並々ならぬ思いを寄せており、会津関係の著作が多く、星亮一とともに会津観光史学の一翼を担っている。会津史学会会員。 憂国忌代表世話人。 東北大学文学部国文科在学中に『風船ガムの海』で第34回文學界新人賞佳作入選(加藤保栄名義)。

皆の本棚から中村 彰彦の本を探す