ゆたゆたさんの本棚にあるサトウ タツヤの本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,411冊の本を読み終え、327,818ページをめくりました。

サトウタツヤ
『佐藤達哉』より : 佐藤 達哉(さとう たつや、1962年6月27日 - )は、日本の心理学者、立命館大学教授。 神奈川県出身。神奈川県立湘南高等学校、東京都立大学人文学部卒業。同大学院博士課程退学。東京都立大学助手、福島大学行政社会学部助教授、立命館大学文学部教授。立命館大学研究部長(2012.4~)、立命館大学立命館グローバルイノベーション機構(2012.4~)、立命館大学衣笠総合研究機構長(2012.4~2013.3)。専門は応用社会心理学と心理学史。 都立大学大学院の同級生である渡邊芳之と共に心理学的概念およびその測定に疑問を呈す。知能検査やその結果表示法である知能指数への批判的アルケオロジーとして『知能指数』を刊行。血液型と性格の関係に懐疑的な立場で一連の論文や著作を発表。心理学を批判的に見直すために心理学史の研究に携わる。『日本心理学会75年史』にも携わる。クラーク大学教授・ヤーン=ヴァルシナーと共に質的研究の方法論である複線径路等至性モデルを開発。筆名・通称名として著書・論文・学会発表等では氏名をサトウタツヤとカタカナ表記にしたものもある。

皆の本棚からサトウ タツヤの本を探す