ゆたゆたさんの本棚にあるアーサー・ケストラーの本

ゆたゆたさんはこれまでの人生で1,457冊の本を読み終え、342,231ページをめくりました。

アーサー・ケストラー
アーサー・ケストラー(Arthur Koestler、ブダペスト1905年9月5日 - ロンドン1983年3月3日)は、ユダヤ人のジャーナリスト、小説家、政治活動家、哲学者。 ハンガリー出身のユダヤ人でありながら、著書『第13支族』で、アシュケナジムユダヤ人のルーツはユダヤ教に改宗したハザール人であると主張した。またソ連の現状など当時タブーとされていたことを積極的に書いた。後にイギリスに帰化している。 生涯 誕生からパレスチナ入植まで ユダヤ系ハンガリー人の父とオーストリア人の母に生まれる。出生時の名前は Kösztler Artúr(ケストレル・アルトゥール)。ドイツ語圏出身の母親がハンガリー語の習得を拒否したり、第一次世界大戦期にウィーンに一家で移住したなどの事情もあり、ケストラーは『真昼の暗黒』(1940)[3]前後までドイツ語によって著述を行った。以後、著作は英語によって行われることになるが、ケストラー自身はヨーロッパ大陸的な多言語使用者だった。

皆の本棚からアーサー・ケストラーの本を探す

  • 偶然の本質 (1974年)

    [未評価] 19740515第1刷発行 19910605第10刷発行 蒼樹書房 片江蔵書 …

    [総ページ数:238] 積ん読1年以上