くーさんさんの本棚にある重松 清の本

くーさんさんはこれまでの人生で1,980冊の本を読み終え、669,649ページをめくりました。

重松清
重松 清(しげまつ きよし、1963年3月6日 - )は、日本の作家。 岡山県久米郡久米町(現・津山市)の生まれ。中学、高校時代は山口県で過ごし、1981年、山口県立山口高等学校卒業後、18歳で上京。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。恩師は東郷克美。角川書店の編集者として勤務し、みうらじゅんなどの担当をしていた。後に田村章など多数のペンネームを持つフリーライターとして独立し、ドラマ・映画のノベライズや雑誌記者、ゴーストライターなど、多くを手がけた。ほかに岡田幸四郎など20以上のペンネームを持ち、その中には女性名・外国人名も含まれるという。岡田有希子が自殺の4日前に出版したフォト&エッセイ集『ヴィーナス誕生』も、文章部分は(聞き書きによって)重松が代筆している。 小説で取り上げられることの少なかった、学校でのいじめや不登校、家庭崩壊と子供など、現代の社会問題・教育問題・家庭問題の中で、ルポルタージュばりの鋭い切り口で、一躍注目を浴びるようになる。

皆の本棚から重松 清の本を探す

12

  • 木曜日の子ども

    [★★☆☆☆] 今まで読んだ重松作品の中で一番理解不能な作品。中学生の息子や娘のいる人との再婚っ…

    [総ページ数:424] 2019/03/13 09:01:13更新

  • どんまい

    [★★★★☆] イヤーまた泣かされた!良い話だった。作者の登場人物への愛情が伝わってきた。広島カ…

    [総ページ数:473] 2018/11/30 13:43:39更新

  • ゼツメツ少年

    [★★★☆☆] 何らかの救済があって少年達は生き延びられるのかと思っていたのに・・何だか今回は期…

    [総ページ数:397] 2013/10/29 19:40:24更新

  • 峠うどん物語(上)

    [★★★★★] うどん屋のじいちゃんもばあちゃんも最高!案ずるより死ぬが易しって笑えた!何だか古…

    [総ページ数:274] 2013/09/24 16:46:13更新

  • ファミレス

    [★★★★★] 皆大好き重松清だけのことはある!何でファミレス・・とずーと思いながら読んでいたら…

    [総ページ数:392] 2013/08/26 20:32:09更新

  • きよしこ

    [★★★★★] 以前に吃音の先生が出てくる話を読んだことがあったのでひょっとしたらこの少年がその…

    [総ページ数:253] 2013/03/20 22:00:15更新

  • 空より高く

    [★★★★☆] 本当にこんな先生がいたら・・命の重さを真剣に教えてくれる先生が、今は存在している…

    [総ページ数:299] 2012/10/25 20:56:46更新

  • くちぶえ番長 (新潮文庫)

    [★★★★★] こんな大切な思い出のある小学校生活を送ってみたかったな。

    [総ページ数:236] 2012/07/05 09:42:29更新

  • いとしのヒナゴン

    [未評価] 

    [総ページ数:461] 2011/12/22 15:36:07更新

  • 流星ワゴン

    [未評価] 

    [総ページ数:392] 2011/12/22 15:33:18更新

12