皆の本棚にあるC.S.ルイスの本

C.S.ルイス
『C・S・ルイス』より : C・S・ルイス(C. S. Lewis)、本名クライブ・ステープルス・ルイス(Clive Staples Lewis, 1898年11月29日 - 1963年11月22日)は、アイルランド系のイギリスの学者、小説家、中世文化研究者、キリスト教擁護者、信徒伝道者。3歳の頃に愛犬ジャクシー(Jacksie)を交通事故で喪った直後から自らをジャクシーと名乗り、それが徐々に周囲に受け入れられていき、家族や友人からは生涯を通じてジャックと呼ばれた。そのため、あえてフルネームを Clive Staples "Jack" Lewis と綴る場合もある。 生涯 北アイルランド・ベルファストの事務弁護士の家に生まれる。ルイス家は19世紀半ばの祖父の代にウェールズから渡ってきた移民であり、母親はアイルランド国教会の神父の娘であった。子供時代は3歳上の兄ウォレン・ハミルトン(Warren Hamilton Lewis 愛称:ウォーニー (Warnie))と一緒に「ボクセン」と言う想像の国を作り、その物語を書いて遊んだ。

12

12