皆の本棚にある齊藤 誠の本

齊藤誠
齊藤 誠(さいとう まこと、1960年(昭和35年)7月24日 - )は、日本の経済学者。専門はマクロ経済学、金融経済学、財政学、金融論。一橋大学大学院経済学研究科教授。Ph.D.(マサチューセッツ工科大学、1992年)。愛知県出身。 京都大学時代の指導教官は西村周三。 実証分析の功績をあげた50歳以下の研究者に贈られる、日本経済学会・石川賞を2007年に受賞した。 一橋大学での講義は主に「基礎マクロ経済学」「マクロ経済学」「金融経済論」などを担当する。講義やゼミナールでの指導は厳しいことでも知られる。 1979年3月 奈良県立奈良高等学校卒業 1983年3月 京都大学経済学部卒業 1983年4月 - 1987年8月 住友信託銀行勤務 1987年9月 - 1988年8月 スタンフォード大学経済学部客員研究員 1988年9月 マサチューセッツ工科大学経済学部博士課程入学 1992年6月 マサチューセッツ工科大学経済学部博士課程修了(Ph.D.取得) 博士論文 Essays on the Risk Premium in the U.S. Financial Markets, 指導教官 John Heaton オリヴィエ・ブランチャード 1992年7月 - 1995年6月 ブリティッシュコロンビア大学経済学部助教授 1995年7月 - 1998年3月 京都大学経済学部助教授 1998年4月 - 2001年3月 大阪大学大学院経済学研究科助教授 2000年10月 - 金融庁金融審議会「金融の基本問題に関するスタディーグループ」座長 2001年4月 - 一橋大学大学院経済学研究科教授 2001年4月 - 2002年3月 大阪大学社会経済研究所客員教授 2001年10月 - 2003年9月 日本銀行金融研究所国内客員研究員 2003年5月 ボッコーニ大学(en:Bocconi University)経済学部客員教授 2005年1月 - 2005年7月 ブリティッシュコロンビア大学経済学部客員教授 2005年4月 - 2006年3月 日本ファイナンス学会理事 2005年4月 - 2008年3月 日本経済学会常任理事 2006年10月 - 2008年9月 東京大学公共政策大学院客員教授 2010年10月 - 2012年3月 東京大学公共政策大学院客員教授 受賞 2001年 第44回日経・経済図書文化賞 『金融技術の考え方・使い方:リスクと流動性の経済学』 2002年 第3回NIRA大来政策研究賞 『社会福祉と家族の経済学』 2005年 平成16年度不動産学会学会著作賞(学術部門) 『不動産市場の経済分析:情報・税制・都市計画と地価』 2007年 第2回日本経済学会・石川賞(日本経済学会) 2008年 第48回エコノミスト賞(毎日新聞社) 『資産価格とマクロ経済』 2011年 第17回財団賞(全国銀行学術振興財団) 2012年 第33回石橋湛山賞(石橋湛山記念財団) 『原発危機の経済学:社会科学者として考えたこと』 2014年 紫綬褒章 主張 日本の低生産性企業は低金利で延命させるべきではなく、金利を上げて淘汰すべきであると主張している。

12

12