皆の本棚にある黒木亮の本

黒木亮
黒木 亮(くろき りょう、1957年 - )は、日本の小説家。北海道雨竜郡秩父別町出身。実家は秩父別町の神社。ロンドン在住。 北海道深川西高等学校、早稲田大学法学部卒業後、三和銀行に入行。同行の海外派遣制度でカイロ・アメリカン大学に留学し、修士号(中東研究科)を取得。同行ロンドン支店国際金融課でトルコ・中東・アフリカ向けの国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス等に関る。その後、ロンドンの証券会社を経て、三菱商事ロンドン現地法人に入社。同社でプロジェクト金融部長を勤めながら2000年10月に上梓した国際金融小説『トップ・レフト』で小説家として一躍脚光を浴びる。その後、2003年7月に同社を退社し、専業作家になった。本名の金山雅之(かなやま まさゆき)名義で『ロンドン国際金融の仕掛人』、『国際銀行マンロンドン発』などの書籍も執筆している。産経新聞紙上で連載された『法服の王国』は、概ね青年法律家協会メンバーや反原発の人々を主人公として戦後司法史を描いた小説が保守系の新聞において掲載されたことから、話題を呼んだ。

12

12