皆の本棚にある鶴見 辰吾の本

鶴見辰吾
鶴見 辰吾(つるみ しんご、1964年12月29日 - )は、日本の俳優・タレント。東京都出身。ホリプロ所属。弟は元俳優の三上祐一。 小学校は公立に通い、成蹊中学校・高等学校、成蹊大学法学部政治学科卒業。(映画の『翔んだカップル』や『レイクサイド マーダーケース』で共演した薬師丸ひろ子とは幼稚園・小学校の同級生) 1977年、『竹の子すくすく』(ANB系)でデビュー。デビュー当初は好青年役が多かった。『3年B組金八先生』・『高校聖夫婦』などでの演技で知名度を上げていく。 1980年代には、松村雄基や伊藤かずえらとともに、大映ドラマの常連として活躍した。 1996年以降は、映画 『月とキャベツ』での人情味あふれる演技も高く評価され、同じく映画 『鮫肌男と桃尻女』(1999年)での狂気的な殺し屋の演技で注目され、演技のデパートを自他共に認めて名脇役としての地盤を固めつつある。