皆の本棚にある鳥飼否宇の本

鳥飼否宇
鳥飼 否宇(とりかい ひう、本名: 鳥飼久裕(とりかい ひさひろ)、1960年3月6日 - )は、日本の小説家。福岡県生まれ。九州大学理学部生物学科卒業。編集者を経て、現在は奄美大島に在住。NPO法人奄美野鳥の会の現会長。 作風 第21回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞したデビュー作『中空』以来、観察者の鳶山久志と写真家の猫田夏海を主人公としたオーソドックスなネイチャーミステリー(観察者シリーズ)を書き継ぐ一方で、『――的』というタイトルの綾鹿市(あやかし)シリーズに代表されるような奇想の炸裂したバカミスをたびたび上梓している。別名義でノベライズの仕事をこなしたり、本名で野鳥や昆虫関係の執筆を行っている。 G・K・チェスタートンやJ・D・カーのタイトルをもじった副題が多く、作品のどこかで必ずといっていいほど生物に関する薀蓄が語られること、(「太陽と戦慄」「痙攣的」「爆発的」「このどしゃぶりに日向小町は」など)ロック、ことにプログレッシヴ・ロックからのもじりの多いことが特徴である。