皆の本棚にある髙田 明の本

髙田明
『ジャパネットたかた』より : 髙田 明(たかた あきら、1948年11月3日 - )は、日本の実業家である。株式会社ジャパネットたかたの創業者で、2015年1月16日までは初代の代表取締役社長を務めていた。 長崎県平戸市でカメラ店の次男として生まれる(他の兄弟は兄、弟、妹)。長崎県立猶興館高等学校卒業後、大阪経済大学経営学部に進学する。大学時代は英語の勉強に明け暮れる(このことが電子辞書を売るきっかけになったと本人は語っている)。 卒業後、京都府内の機械製作会社の阪村機械製作所に入社し、東欧を中心に数年間海外赴任を経験する。翻訳会社を設立しようと退社したが挫折。1974年から実家のカメラ店の手伝いを経て、1986年1月、佐世保市三川内本町にカメラ店「株式会社たかた」(ジャパネットたかたの前身)を設立。1999年までは、実父の高田政雄が同社の会長を務めていた。 「株式会社たかた」では、カメラフィルムの「即日現像・手渡し」を旗印に、カメラ販売で業績を拡大。また、一般家庭へのビデオカメラの普及を機に、ソニーの特約店になる。さらに、カラオケブームの到来に合わせて、パイオニアのカラオケセットを販売。