皆の本棚にある高橋冬の本

高橋冬樹
高橋冬樹(たかはし ふゆき、1975年6月24日 - )は元プロレスラーで最終所属団体はZERO1-MAX(現:ZERO1)。新潟県加茂市出身。身長184cm、公称体重108kg。 ニックネームは「越後のあすなろ」。 熱狂的な大阪近鉄バファローズのファンである(あった)。2004年の球界再編で同球団が消滅以後はオリックス・バファローズのファンであるとモバイルサイトのコラムにて公言していた。 大相撲出身。IWA・JAPANに入門し、ザ・グレート・カブキの付け人を経て、1998年3月13日、新岩大樹(あらいわ ひろき)の名前でデビュー。翌年、海外修行の名目で姿を消し、マスクマンフレディ・クルーガー#3として、ターザン後藤率いるヒール軍団の一員として活躍。2000年に後藤が離脱後は、覆面を脱ぐ。 2001年にIWA・JAPANを退団。プロレスリング・ノア練習生を経て2002年、ZERO-ONEで再デビュー、長く負傷療養のために試合から離れていたが2005年春に復帰、その後も試合内容等で精彩を欠き『ゼロワンの崖っぷちトリオ』などと紹介される等模索の日々が続いていた。