皆の本棚にある香納諒一の本

香納諒一
香納 諒一(かのう りょういち、1963年(昭和38年)1月16日 - )は、神奈川県横浜市出身の日本の小説家。 1963年に横浜市で生まれる。 早稲田大学文学部を卒業した後、出版社に勤務。編集者としての仕事の傍ら小説を執筆し、1990年に『影の彼方』で第7回織田作之助賞佳作入選を果たす。 その後1991年に『ハミングで二番まで』で第13回小説推理新人賞を受賞し小説家としてデビュー、翌1992年には初の長編作品である『時よ夜の海に瞑れ』を発表する。 その後も執筆活動を続け、1999年には『幻の女』で第52回日本推理作家協会賞を受賞。また2007年には『贄の夜会』が『このミステリーがすごい!』ランキングの7位にランクインした。 作風 デビュー当初から主にハードボイルド系の作品を発表しているが、近年では作風の広がりを意識した作品が発表されている。本人もインタビューで「サスペンスやスリラー的な作品以外にも、これから自分で書いていきたい方向性がある」と発言しており、特に『ガリレオの小部屋』(短編集『ガリレオの小部屋』収録)はその第一歩として明確に意識して書いたとのこと。