皆の本棚にある門井 慶喜の本

門井慶喜
門井 慶喜(かどい よしのぶ、1971年11月2日 - )は、日本の小説家・推理作家。群馬県生まれ。栃木県立宇都宮東高等学校、同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現・文学部文化史学科)卒業。2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞。2006年『天才たちの値段』で単行本デビューする。 エピソード 出生は群馬県だが、幼少時に転居した栃木県宇都宮市で育つ。 絵本以外で初めて読んだのが、国語辞典。小学校の入学祝いで父から貰い、律儀に「あ」から読んだ。 初めて文学賞に応募したのは2000年の創元推理短編賞。 講談社のインタビューで影響を受けた作家について尋ねられ、デイヴィッド・ロッジやイタロ・カルヴィーノのような小説を書きたいと述べている。 文学賞受賞・候補歴 2000年 - 「天才たちの値段」で第39回オール讀物推理小説新人賞候補。 2001年 - 「女子校時代ライブラリー」で第40回オール讀物推理小説新人賞候補。 2001年 - 「いちばん嫌いな親友」で第41回オール讀物推理小説新人賞候補。

123

123