皆の本棚にある長岡 弘樹の本

長岡弘樹
長岡 弘樹(ながおか ひろき、1969年 - )は、日本の小説家、推理作家。山形県山形市出身、在住。筑波大学第一学群社会学類卒業。 団体職員を経て、2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞。2005年『陽だまりの偽り』で単行本デビューする。2011年に発売された『傍聞き』の双葉文庫版が、本の雑誌社が刊行する『おすすめ文庫王国2012』の国内ミステリー部門で第1位に選ばれると、ロングセラーとなり39万部を超えるヒットとなる。2013年に刊行した『教場』は警察学校を舞台にした新しいタイプの警察小説で、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第2位に選ばれた。 文学賞受賞・候補歴 太字が受賞したもの 2003年 - 「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞受賞 2008年 - 「傍聞き」で第61回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。

12345678

12345678