皆の本棚にある金谷 治の本

金谷治
金谷 治(かなや おさむ、1920年2月20日 - 2006年5月5日)は、日本の東洋学者。専門は中国哲学、特に中国古代思想史。三重県伊賀市出身。 業績 岩波文庫版で、現行の『論語』および『孫子』・『荀子』・『荘子』・『韓非子』・『大学、中庸』の訳注書を刊行。 講談社学術文庫で、『易の話 易経と中国人の思考』・『淮南子の思想 老荘的世界』・『老子 無知無欲のすすめ』(訳註解説)・『孔子』(伝記研究、新編『論語』)を再刊している。 主著に、『管子の研究 中国古代思想史の一面』(岩波書店) 論考集に、『金谷治中国思想論集』(全3巻:平河出版社)、『秦漢思想史研究』(東洋學叢書:平楽寺書店) 1944年東北帝国大学法文学部支那哲学科卒業。指導教授は武内義雄のち講座を継いだ。 1946年旧制弘前高等学校講師 1948年東北大学法文学部講師 1950年同大文学部助教授 1961年文学博士 1962年同教授 1975年から1977年まで同文学部長 1983年東北大学名誉教授。