皆の本棚にある野田 良之の本

野田良之
野田 良之(のだ よしゆき、1912年10月15日 - 1985年10月11日)は、日本の法学者、東京大学名誉教授。専門はフランス法、比較法。 日本における比較法学の草分けであり、「比較法文化論」という言葉を作ったといわれる。ブラジル合衆国ペトロポリス市生まれ。父は外交官。生涯独身であった。門下生に稲本洋之助ら。 1959年に日仏法学会を設立した。 学歴 1929年 東京府立第一中学校(現東京都立日比谷高等学校)第四学年修了 1932年 第一高等学校文科丙類卒業 1935年 東京帝国大学法学部法律学科卒業 職歴 1936年 東京帝国大学法学部助手(杉山直治郎が指導) 1939年 東京帝国大学法学部助教授 1949年 東京帝国大学法学部教授 1974年 定年退官、学習院大学法学部教授 著作 著書 教育の理想 コンドルセの民主主義教育論 弘文堂 1950 法における歴史と理念 東京大学出版部 1951 (「法と社会」叢書 フランス法概論 上巻 第1-2 1954-55 (有斐閣全書) 内村鑑三とラアトブルフ 比較文化論へ向かって みすず書房 1986.12 栄誉考 柏随想 みすず書房 1986.5 共編近代日本思想史大系 7 近代日本法思想史 碧海純一共編 有斐閣 1979.12 翻訳 現代法の諸問題 ジュリオ・ド・ラ・モランディェール 共訳 日仏会館 1938 (比較法学叢書) 民法典序論 ポリタリス 日本評論社 1947 (法学叢書) ありし日の音楽家たち ロマン・ロラン全集 第57巻 みすず書房 1952 社会主義の文化理論 グスタアフ・ラアトブルフ みすず書房 1953 フランス音楽史 ロマン・ロラン作品集 第9集 みすず書房 1954 法と国家 G.デル・ヴェッキオ 小菅芳太郎共訳 紀伊国屋書店 1959 グスタフ・ラートブルフ著作集 第8巻 社会主義の文化理論 山田晟共訳 東京大学出版会 1961 音楽研究 第2 ロマン・ロラン全集 第21 みすず書房 1965 日本見聞記 フランス人の見た明治初年の日本 1・2 ジョルジュ・ブスケ 久野桂一郎共訳 みすず書房 1977 法の精神 モンテスキュー 各全3巻、岩波書店 1987-88、岩波文庫 1989 稲本洋之助、上原行雄、田中治男、三辺博之、横田地弘と共訳  記念論集 東西法文化の比較と交流 野田良之先生古稀記念 山口俊夫ほか編集 有斐閣 1983.6 解説 経済学者ラ・フォンテーヌ ボアソナード著 野田良之解説 久野桂一郎訳 みすず書房 1979。