皆の本棚にある適菜 収の本

適菜収
適菜 収(てきな おさむ、1975年 - )は、日本の著作家。フリードリヒ・ニーチェの思想を(時にフィクションの形で)解説する著作を多く発表している。哲学者を自称することもあるが、修士・博士の学位は一切保有していない。 山梨県出身。早稲田大学で西洋文学を学び、ニーチェを専攻。大学卒業後、出版社勤務を経て作家、哲学者として活動を開始。ニーチェの『反キリスト者』を現代語に訳した『キリスト教は邪教です!』(講談社)が評判となり、続けてニーチェの思想を小説で解説する『いたこニーチェ』、『脳内ニーチェ』を発表。さらに『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』を発表。 専門はニーチェとゲーテの思想であるが古典を読むことを重視しており、『世界一退屈な授業』では、新渡戸稲造、内村鑑三、福沢諭吉などを取り上げている。 また、『ニーチェの警鐘』、『ゲーテの警告』では「B層」について言及する際に、芸能人や歌手を挙げたり、具体的な店舗の名称は明かさないが複数の鮨屋を批評している。

123

123