皆の本棚にある辻原 登の本

辻原登
辻原 登(つじはら のぼる、本名は村上 博、1945年12月15日 - )は、日本の小説家。横浜市保土ヶ谷区在住。神奈川近代文学館館長・理事長。 来歴・人物 1945年和歌山県印南町に生まれる。父は村上六三(1916-1971)で、日本社会党の政治家。参議院選挙で落選したことがあり、左派に属して日中友好協会を運営した。大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎卒業後上京、文化学院文科卒業。同人誌「第2次文学共和國」に参加、1967年田辺市に戻り、家事に従事、1970年再上京し、中国関係の貿易会社に就職。電算機会社コスモ・コンピュータ・ビジネスに勤務する傍ら、1985年に中編小説『犬かけて』で作家デビュー。1986年、同作品で第94回(昭和60年下半期)芥川賞候補。 1990年に、中国の奥地を舞台とし、生まれ育った和歌山県の面影もモチーフとした、中編小説『村の名前』で第103回(平成2年上半期)芥川賞を受賞。主人公の名、橘博の橘は、辻原が生まれ育った土地の名家から取ったもの。橘は和歌山県に比較的多い姓である。 1992年会社を総務部長で退職、執筆に専念。

12

12