皆の本棚にある足立 恒雄の本

足立恒雄
足立 恒雄(あだち のりお、1941年(昭和16年) - )は日本の数学者。理学博士。早稲田大学名誉教授。専攻は代数的整数論、数学思想史。 数学が汎宇宙的な普遍性を持つ真理の体系であり、一貫した発展を遂げているという思想に疑問を呈し、数学は人類の種としての固有の財産であり、また時代・民族・個人に大いに依存しているという観点から、『√2の不思議』、『無限のパラドクス』、『数とは何か、そしてまた何であったか』等の著作を多数著わしている。 1941年(昭和16年) - 京都府福知山市出身。 1965年(昭和40年) - 早稲田大学理工学部卒業。 1970年(昭和45年) - 東京工業大学大学院理学研究科博士課程終了。その後、早稲田大学理工学部教授、同大理工学部長、同大学理工学術院長を歴任。 理工学部長時代、 早稲田大学理工学部・研究科が 創立100周年を迎えるのを機に、 三つの学部・研究科に分割し、二つの研究所を 加えて早稲田大学理工学術院という新たな 組織にする改革を主導した。