皆の本棚にある角幡 唯介の本

角幡唯介
角幡 唯介(かくはた ゆうすけ、1976年2月5日 - )は、日本のノンフィクション作家・探検家。 北海道芦別市生まれ。実家はスーパーマーケットを経営する地元の名家で、父は芦別青年会議所理事長経験者。函館ラ・サール高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。同大探検部OB。 2001年、ヨットで太平洋を航海後、ニューギニア島トリコラ北壁初登頂。 2002-03年、チベット、ヤル・ツアンポー川峡谷の未踏査部を探検。 2003年、朝日新聞社入社。 2008年、朝日新聞社退社、ネパール雪男捜索隊に参加。 2009-10年、世界最後の空白部と呼ばれるチベット、ヤル・ツアンポー川峡谷の核心無人地区の完全踏査。 2011年、カナダ北極圏1600Kmを徒歩で踏破。 2013年、朝日新聞社書評委員 受賞歴 2010年、『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』で第8回開高健ノンフィクション賞 2011年、『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』で第42回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞 2012年、『雪男は向こうからやってきた』で第31回新田次郎文学賞受賞、第11回新潮ドキュメント賞候補 2013年、『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』で第35回講談社ノンフィクション賞受賞。

123

123