皆の本棚にある角川書店の本

角川書店
角川書店(かどかわしょてん)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。東京都千代田区に事業所を置く。 本項では、ブランドカンパニー化以前の株式会社角川書店についても解説する。 株式会社角川書店(初代) 1945年、国文学者角川源義により創業。出版第1号は佐藤佐太郎歌集「歩道」。 創業当初は国文学関連書籍に強みを持つ出版社であったが、1970年代に入って角川文庫を文芸路線から横溝正史を初めとする一般大衆向けに路線転換し、成功を収める。1975年に角川春樹が社長就任後、翌年には映画製作に進出。書籍を映画化しテレビコマーシャルを利用して大々的に販売するメディアミックス戦略を成功させ、日本映画界に角川映画旋風を巻き起こした。 1980年代からは『ザテレビジョン』や『東京ウォーカー』などの情報誌、ゲームソフト制作なども行うようになり、80年代後半には漫画雑誌やゲーム雑誌を多数創刊。1988年には角川スニーカー文庫を創刊し、のちには関連会社(アスキー・メディアワークス・富士見書房)も含めて、ライトノベル市場の国内最大手となった。