皆の本棚にある角岡 伸彦の本

角岡伸彦
角岡 伸彦(かどおか のぶひこ 1963年 - )はジャーナリスト、作家。 兵庫県加古川市出身、関西学院大学社会学部卒業。神戸新聞記者を経てフリーランサー。大阪市在住。非営利団体ホルモン普及委員会委員長。 『こぺる』2003年12月号に「『同和利権の真相』の深層」を執筆。同和利権批判に対しては、部落解放同盟が部落環境改善に果たした功績を認めながらも、利権問題を引き起こした責任は大きいとの立場を取る。また自身が被差別部落出身であることを公言している。 2007年2月、『週刊現代』誌上で、同和行政にまつわる不正事件を取材したルポルタージュを連載。 2011年、『カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀』で第33回講談社ノンフィクション賞受賞。 2014年、『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』で第21回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。父・権三郎は在日韓国人1世であり、やしきたかじん本人は母親の籍に入り日本国籍となり、家鋪姓を名乗った」としている。 著書 『被差別部落の青春』講談社 1999年 のち文庫 『ホルモン奉行』解放出版社、2003年 のち新潮文庫  『はじめての部落問題』文春新書、2005年 ISBN 9784166604784 『とことん!部落問題』講談社 2009 『カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀』講談社、2010年 ISBN 9784062164085 『ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦』講談社 2012 『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』小学館、2014 ISBN 9784093897525 『百田尚樹『殉愛』の真実』宝島社、2015年 - 西岡研介、家鋪渡(やしきたかじんの弟)、宝島「殉愛騒動」取材班との共著 関連項目 部落問題 出典 外部リンク 角岡伸彦 五十の手習い - 公式サイト。