皆の本棚にある見坊 豪紀の本

見坊豪紀
見坊 豪紀(けんぼう ひでとし、1914年11月20日 - 1992年10月21日)は、日本の日本語学者・辞書編纂者である。『三省堂国語辞典』の編纂者として辞書史に大きな業績を残した。「ケンボー先生」と親しまれる。 足跡 東京府出身(本籍は岩手県盛岡市)。青森県、福島県、当時の南満州を経て、1932年、旧制山口高校入学。1年の病気休学期間を経て卒業。 1936年、上京して東京帝国大学文学部国文科に入学。同期に山田忠雄がいる。1939年、卒業。その後、同大学大学院に進学。 大学院在学中、金田一京助の紹介で『明解国語辞典』(三省堂)の編纂に関わる。この辞書は、基本的な項目は当時の『小辞林』に基づいているものの、ほぼ見坊の独力により編纂され、「金田一京助編」の文句を冠して1943年に刊行された(後、1952年に改訂版)。なお、編纂中は大学院に顔を全く出しておらず、辞書の原稿を全て預けた後に中途退学したという。 1941年、岩手県師範学校教諭、42年助教授、43年旧制東京高校教授、47年岩手師範学校教授、49年岩手大学教授に就任、57年国立国語研究所に入り、第3研究部長。