皆の本棚にある蘇部健一の本

蘇部健一
蘇部 健一(そぶ けんいち 1961年 - )は、日本の小説家、推理作家。2012年、清涼院流水が立ち上げた「The BBB」(Breakthrough Bandwagon Books)に参加。 1961年、東京都に生まれる。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。1997年、保険調査員・小野由一を主人公とした連作集『六枚のとんかつ』にて第三回メフィスト賞を受賞、デビュー。上記作品は「ばかばかしくて読めない」「ゴミだ」「商品じゃない」「くだらない」などの強い批判や「支持する」などの絶賛の声が上がった。 ミステリー界の異才、異能作家などといわれる。デビュー作の系列に属するアイディア重視の推理短編とは別に、やや長めのセンチメンタルなSF作品があり、こちらのほうが評価が高いことを作者自身後書きで自認している。 初めて活字になった自作本格推理短編は『しおかぜ⑰号四十九分の壁』。1996年、鮎川哲也が編集した『本格推理(7)』に入選・収録されている。発表当時のペンネームは「我妻起成」。 メフィスト賞作家では黒田研二と仲がいい。『木乃伊男』の解説も黒田が担当している。