皆の本棚にある藤木 久志の本

藤木久志
藤木 久志(ふじき ひさし、1933年10月 - )は、日本の歴史学者。専門は日本中世史。立教大学名誉教授、東北大学文学博士。 人物・経歴 新潟県出身。新潟大学人文学部卒業。新潟大学では井上鋭夫に師事。東北大学大学院修了。聖心女子大学助教授、立教大学文学部教授、1986年「豊臣平和令と戦国社会」で東北大学文学博士。99年立教大学を定年となり2002年まで帝京大学教授。 戦国時代の民衆史を専門とする民衆史観研究者。護憲派としても運動している。 著書 『戦国社会史論 日本中世国家の解体』(東京大学出版会、1974年) 『日本の歴史 15 織田・豊臣政権』(小学館、1975年)のち『天下統一と朝鮮侵略』講談社学術文庫  『豊臣平和令と戦国社会』(東京大学出版会、1985年) 『戦国の作法―村の紛争解決』(平凡社選書、1987年)のちライブラリー、講談社学術文庫   『戦国大名の権力構造』(吉川弘文館、1987年) 『戦国史をみる目』(校倉書房 1995年) 『雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り』(朝日新聞社、1995年)のち選書  『村と領主の戦国世界』(東京大学出版会、1997年) 『戦国の村を行く』(朝日選書、1997年) 『飢餓と戦争の戦国を行く』(朝日選書、2001年) 『刀狩り 武器を封印した民衆』(岩波新書、2005年) 『土一揆と城の戦国を行く』(朝日選書、2006.10) 『戦う村の民俗を行く』(朝日選書、2008.6) 『城と隠物の戦国誌』(朝日選書、2010年) 『中世民衆の世界-村の生活と掟』(岩波書店〈岩波新書(新赤版)1248〉2010年 ISBN 978-4-00-431248-2) 共編著 『荘園と村を歩く』(校倉書房、1997年) 荒野泰典との共編著 『城破りの考古学』(吉川弘文館、2001年) 伊藤正義(歴史)との共編 『攻撃と防衛の軌跡 人類にとって戦いとは』(東洋書林、2002.11) 宇田川武久共編 『荘園と村を歩く〈2〉』(校倉書房、2004年) 蔵持重裕との共編著 『定本・北条氏康』(高志書院、2004年) 黒田基樹との共著 『山間荘園の地頭と村落 丹波国和知荘を歩く』(岩田書院、2007.12)小林一岳共編 『日本中世気象災害史年表稿』(高志書院、2007.11) 『奥羽から中世をみる』(吉川弘文館、2009.7) 伊藤喜良共編。