皆の本棚にある萩原 遼の本

萩原遼
萩原 遼(はぎわら りょう、1937年 - )は、日本のフリーランスジャーナリスト。朝鮮民主主義人民共和国報道で知られる。また、渋谷仙太郎のペンネームで金芝河の詩を翻訳したり、井出愚樹(いで ぐじゅ)の名義での韓国情勢や文学に関する著訳書もある。日本共産党員。
高知県生まれ。立命館大学名誉教授の木津川計は実兄。経済的理由から地元の高校を中退して上阪、大阪府立天王寺高等学校定時制に編入。高校時代に在日朝鮮人と親交を深めて、朝鮮語の学習を強く希望し、天理大学朝鮮語学科を受験するも失敗。翌年、1967年に新設された大阪外国語大学朝鮮語学科第一期生として入学。卒業後、「しんぶん赤旗」平壌特派員として勤務(1972年 - 1973年)する。そのとき、1959年12月14日から始まった在日朝鮮人の帰還事業 帰国運動によって北朝鮮に帰った在日韓国人の親友を捜し回ったことが原因で、北朝鮮から国外追放となる。