皆の本棚にある花村 萬月の本

花村萬月
花村 萬月(はなむら まんげつ、本名:吉川一郎、1955年(昭和30年)2月5日 - )は、日本の男性作家。東京都出身。現在、京都府在住。 東京都生まれ。父親は明治の生まれで、母親とは30歳ほど離れていた。生まれて間もなく蒸発した父親が小学校入学後に戻り、旧仮名遣いの本で読書を強制される。父親の方針により小学校を休みがちになったが、様々な学問の基礎を父親から教わる。問題行動の多い子どもであったため小学校6年のときに児童相談所に送られ、福祉施設の東京サレジオ学園付属小平育英学院サレジオ中学校へ進む。卒業後は都立高校に進学したが、3日目に喧嘩が原因で退学。17歳で京都に移り、ヒモ生活や肉体労働などで食いつなぐ。ギターが弾けたことから、20歳でキャバレー回りのミュージシャンになり、東京・京都・福岡などで活動。薬物中毒からアル中になり入院。退院後は歌舞伎町で博打三昧をしていたが、金持ちの人妻と知り合い、ともに日本中を旅する。その後、同棲していたクラブホステスの金で北海道旅行に行き、そこで綴った日記が旅行記のコンテストで佳作になったことで、小説家を目指すようになる。

123456

123456