皆の本棚にある綾辻 行人の本

綾辻行人
綾辻 行人(あやつじ ゆきと、1960年12月23日 - )は、日本の小説家。本名は内田 直行(うちだ なおゆき)。京都府京都市出身の男性。「館シリーズ」などの代表作により、新本格派ミステリー作家として知られる。 本格ミステリ作家クラブ執行会議。日本推理作家協会会員。元本格ミステリ作家クラブ事務局長。 小学校6年生の夏休みに初期習作の『少年探偵団』的な短編推理小説を10篇書く。 1979年 京都府立桂高等学校を卒業後、京都大学教育学部に入学。京大推理小説研究会に所属し、同期に、後に結婚する小野不由美や、作家となる我孫子武丸や法月綸太郎も所属していた。 大学4年生の冬に江戸川乱歩賞に、後の『十角館の殺人』の原型の作品で応募し、第1次選考に残る。 1982年 同大学大学院教育学研究科に進学、逸脱行動論を専攻する。 1986年 小野不由美と結婚する。 1987年 在学中に『十角館の殺人』で作家デビューする。講談社ノベルス編集部が「新本格派ミステリー」と名付ける。注目を集めたが、批評家や賞選考委員の作家などからは理解されず叩かれる。

12345678910

12345678910