皆の本棚にある絲山秋子の本

絲山秋子
絲山 秋子(いとやま あきこ、1966年11月22日 - )は、日本の小説家。群馬県高崎市在住。高崎経済大学非常勤理事。本名・西平秋子。「絲山」は曽祖父の弁護士・絲山貞規(父の母方)から拝借した。父は、元・上智大学経済学部教授の西平重喜。 来歴・人物 東京都世田谷区出身。東京都立新宿高等学校、早稲田大学政治経済学部経済学科卒。卒業後INAXに入社し、営業職として数度の転勤を経験。1998年に躁鬱病を患い休職、入院。入院中に小説の執筆を始める。2001年退職。 2003年、「イッツ・オンリー・トーク」で第96回文學界新人賞を受賞し小説家デビュー。受賞時ペンネームは「あき子」だったが、デビューに際して「秋子」とした。同作品で第129回芥川賞候補となる。2004年、「袋小路の男」で第30回川端康成文学賞受賞。デビューから1年は歴代最短。 2005年、『海の仙人』で第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞、『逃亡くそたわけ』で第133回直木賞候補および第27回野間文芸新人賞候補。