皆の本棚にある細谷 雄一の本

細谷雄一
細谷 雄一(ほそや ゆういち、1971年 - )は、日本の国際政治学者。専門は、国際政治史、イギリス外交史。 略歴・人物 千葉県生まれ。立教高等学校卒業。立教大学法学部卒業後、イギリス・バーミンガム大学大学院で修士号(国際学)、慶應義塾大学大学院で修士号・博士号(法学)を取得。北海道大学法学部専任講師、敬愛大学国際学部専任講師、慶應義塾大学法学部専任講師・助教授、プリンストン大学客員研究員、パリ政治学院客員教授(2009年から2010年)を経て、現在、慶應義塾大学法学部教授。2010年より世界平和研究所上席研究員、2014年より国家安全保障局顧問。 2002年『戦後国際秩序とイギリス外交』でサントリー学芸賞を受賞。2010年『倫理的な戦争』で読売・吉野作造賞受賞。近年は専門のイギリス外交史だけでなく、日本政治・日本外交についての時事評論も行なっている。 学部時代は北岡伸一、大学院では田中俊郎に師事。日本外交史研究家の細谷千博との血縁関係はない。 著書 単著 『戦後国際秩序とイギリス外交――戦後ヨーロッパの形成 1945-51年』(創文社、2001年) 『外交による平和――アンソニー・イーデンと20世紀の国際政治』(有斐閣、2005年) 『大英帝国の外交官』(筑摩書房、2005年) 『外交――多文明時代の対話と交渉』(有斐閣、2007年) 『倫理的な戦争――トニー・ブレアの栄光と挫折』(慶應義塾大学出版会、2009年) 『国際秩序――18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ』(中央公論新社〈中公新書〉、2012年) 『歴史認識とは何か――日露戦争からアジア太平洋戦争まで 【戦後史の解放1】』(新潮社〈新潮選書〉、2015年) 編著 『イギリスとヨーロッパ――孤立と統合の二百年』(勁草書房、2009年) 共編著 (矢澤達宏)『国際学入門』(創文社、2004年) (李鍾元・田中孝彦)『日本の国際政治学(4)歴史の中の国際政治』(有斐閣、2009年) 訳書 (ジョン・アイケンベリー)『リベラルな秩序か帝国か――アメリカと世界政治の行方』上・下巻(勁草書房、2012年) 外部リンク Yuichi Hosoya's Homepage 細谷雄一の研究室から(ブログ)。