皆の本棚にある竹田恒泰の本

竹田恒泰
竹田 恒泰(たけだ つねやす、1975年(昭和50年) - )は、日本の作家、タレント。皇學館大学現代日本社会学部非常勤講師。専門は憲法学・史学。学位は学士(法学)(慶應義塾大学・1998年)。2013年度まで慶應義塾大学の非常勤講師(憲法学)であった。 旧皇族の竹田家(旧竹田宮家)に生まれる。北朝第三代崇光天皇の25世子孫であり、明治天皇の玄孫にあたる。竹田恒和は父。 1975年(昭和50年)生まれ。「氏名と生年月日を共に知られると呪いを掛けられるから」と公式では生月日を非公開ということにしている。竹田宮恒徳王の第三子である日本オリンピック委員会会長竹田恒和の長男。祖父の恒徳王が竹田宮恒久王と明治天皇の第六皇女である常宮昌子内親王の間に生まれていることから、恒泰は明治天皇の玄孫にあたる。 慶應義塾高等学校 (英語会に所属) を経て、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。学部時代の専攻は環境学。 大学時代に世界各地を旅行し、「イエメンでは銃撃戦に巻き込まれながら脱出。中国雲南省で乗ったバスが正面衝突を起こして五人死亡、その事故現場を撮影したら無許可現場撮影ということで公安に身柄を拘束、4時間後に釈放。

12

12