皆の本棚にある竹内 実の本

竹内実
竹内 実(たけうち みのる、1923年〈大正12年〉6月12日 - 2013年〈平成25年〉7月30日)は、研究者(中国文学、現代中国社会)、京都大学名誉教授、立命館大学国際関係学部元教授。 1923年(大正12年)、中国山東省(現在の淄博市(しはく)張店区)に生まれた。日本本土へ帰国後、二松學舍専門学校(現二松學舍大学)在学中に「学徒出陣」を経験するが、敗戦直前に病気除隊された。 第二次世界大戦後、京都大学文学部へ進み、中国語学文学を専攻。卒業後は東京大学大学院へ進学し、中国研究の専門家への道へ。大学院修了と同時に社団法人中国研究所へ入所。以後、東京都立大学、京都大学人文科学研究所、立命館大学国際関係学部、北京日本学研究センター、杭州大学日本文化研究所、松阪大学などで教員、研究員を歴任した。 1960年(昭和35年)には野間宏などと共に中華人民共和国を訪問し、毛沢東と会見している。 1992年(平成4年)に福岡アジア文化賞 学術研究賞を受賞。 1987年(昭和62年)から1994年(平成6年)まで現代中国研究会会長を務めた。