皆の本棚にある神谷 不二の本

神谷不二
神谷 不二(かみや ふじ、1927年1月6日 - 2009年2月20日)は、日本の国際政治学者、法学博士(京都大学、1967年)、慶應義塾大学名誉教授。 愛知県名古屋市出身。 当初は岡義武の下で近代イギリス外交史を研究したが、後に関心を現代国際政治へと移し、現代アジアの国際政治、日米関係などを研究対象とする。1966年に発表した著書『朝鮮戦争』で、戦争の発端は北朝鮮による侵略であったと論じ、従来米韓の「北侵」によるとされてきた戦争起源論に反論したことで、大きな注目を浴びた。1993年から2002年まで、長く防衛学会(後に国際安全保障学会)の会長を務めた。 日本政府の外交政策ブレーンを様々な形で務め、沖縄返還時にも学者グループとして政府への提言を行った。日米欧委員会委員を長く務めたことでも知られる。現実主義・親米保守・右派の論客として『中央公論』『文藝春秋』『諸君!』『産経新聞』などへの寄稿で論壇でも活動した。 妻の神谷笑子(えみこ)は法学者で元東京工科大学教授。息子の神谷万丈は防衛大学校教授(国際政治学、安全保障論)。