皆の本棚にある石川 達三の本

石川達三
石川 達三(いしかわ たつぞう、1905年(明治38年)7月2日 - 1985年(昭和60年)1月31日)は、日本の小説家。『蒼氓』により、芥川賞受賞者第一号となった。 秋田県平鹿郡横手町(現・横手市)に生まれる。父が秋田県立横手中学校の英語科教員だったため、転勤や転職に伴って秋田市、東京府荏原郡大井町、岡山県上房郡高梁町(現高梁市)、岡山市などで育つ。1914年、9歳で母を亡くす。1915年、父が再婚する。岡山県立高梁中学校3年から、転居に伴い関西中学校4年に編入し卒業、上京し第二早稲田高等学院在学中に山陽新聞に寄稿。1927年早稲田大学文学部英文科に進み、大阪朝日新聞の懸賞小説に当選。大学を1年で中退した後、国民時論社に就職し、持ち込みを行うも上手くいかず退職。 退職金を基に、1930年に移民の監督者として船でブラジルに渡り、数ヶ月後に帰国。国民時論社に復職して『新早稲田文学』の同人となり、小説を書く。その後国民時論社を再度退職し、嘱託として働く。 ブラジルの農場での体験を元にした『蒼氓』で、1935年に第1回芥川龍之介賞を受賞。

12

12