皆の本棚にある石ノ森 章太郎の本

石ノ森章太郎
石ノ森 章太郎(いしのもり しょうたろう、1938年〈昭和13年〉1月25日 - 1998年〈平成10年〉1月28日)は、日本の漫画家、特撮作品原作者。本名、小野寺 章太郎(おのでら しょうたろう)。1984年までは石森 章太郎の表記を用いたが、この時期には「いしもり〜」と呼ばれるのが通例だった。 SF漫画から学習漫画まで幅広い分野で作品を量産し「漫画の王様」、「漫画の帝王」と評された。 昭和3,40年代、マンガの世界で新しい手法の開発者としてとくに目立った存在であり、多様な分野と作風の中でもとくにSFマンガで他への影響が手塚治虫と並んで大きかった。昭和40年代始め頃にはマンガの王様と呼ばれていた。仮面ライダーシリーズ以降は特撮へと存在感が移っていった。 代表作は『サイボーグ009』、『009ノ1』、『リュウの道』、『ジュン』、『佐武と市捕物控』、『さるとびエッちゃん』、『ロボット刑事』、『マンガ日本経済入門』、『HOTEL』など。

12

12