皆の本棚にある真壁昭夫の本

真壁昭夫
真壁 昭夫(まかべ あきお、1953年10月21日 - )は日本の経営学者。経営学修士。信州大学経済学部教授、ロンドン・ビジネススクールMsC経営学修士。専門は行動ファイナンス理論、投資理論 、金融工学。JMM(ジャパン・メール・メディア)等に寄稿している。 1953年神奈川県生まれ、一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。 ロンドン大学ロンドン・ビジネススクール卒(MsC・経営学修士)、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向、DKB INT `L出向(トレーディング部長)、みずほコーポレート銀行業務監査部参事役。 1999年より有名大学の講師・教授を歴任。 信州大学経済学部大学院講師、慶應義塾大学理工学部講師、立教大学経済学部会計ファイナンス学科講師、信州大学大学院イノベーション・マネジメント・センター特任教授、信州大学経済学部教授。 ダイヤモンドオンライン上で、コラム「今週のキーワード」を連載中。 著書 ファイナンス理論の新展開―価格変動の謎を探る、真壁 昭夫、久保田 幸長 行動ファイナンスの実践 投資家心理が動かす金融市場を読む、ジェームス・モンティア(著)、真壁昭夫(翻訳)、栗田昌孝(翻訳)、 川西諭(翻訳) 国債と金利をめぐる300年史~英国・米国・日本の国債管理政策、真壁昭夫、玉木伸介、平山賢一 はじめての金融工学 自分の年金は自分でつくる!―長期投資で成功する実践プラン、伊藤宏一、真壁昭夫、岡本和久、平山賢一 プロがそっと教える投資判断の極意 ゼロからわかる個人投資 リスクマネー・チェンジ、真壁昭夫、平山賢一 最強のファイナンス理論 これからの年金と退職金がわかる本 図解 これ以上やさしく書けない金融のすべて 資本コストの理論と実務―新しい企業価値の探究、Michael C. Ehrhardt(著)、真壁昭夫(翻訳)、鈴木毅彦(翻訳) 行動ファイナンス―市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論、ヨアヒム・ゴールドベルグ (著), リュディガー・フォン・ニーチュ (著), 行動ファイナンス研究会 (著), 眞壁昭夫 (著) 外部リンク 真壁 昭夫 - 信州大学経済学部 今週のキーワード 真壁昭夫 - ダイヤモンド・オンライン 真壁昭夫「通貨とファイナンスで読む世界経済」 - 現代ビジネス 寄稿家: 真壁昭夫 - JMM(ジャパン・メール・メディア)。