皆の本棚にある白石 一文の本

白石一文
白石 一文(しらいし かずふみ、1958年8月27日 - )は、日本の小説家。父は直木賞作家の白石一郎。双子の弟は小説家の白石文郎。2010年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞。初の親子二代での受賞となった。 来歴・人物 福岡県福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。その後、文藝春秋に入社、週刊誌記者、文芸誌編集などを経る。 1992年、瀧口明の名で投稿した『惑う朝』(応募時タイトルは『鶴』)で第16回すばる文学賞佳作。1994年、滝口明の名で『第二の世界』を上梓。2000年、白石名義での「一瞬の光」で再デビューする。 パニック障害を患い、一時休職。現場復帰するも、退社、作家専業となる。 「どれくらいの愛情」が第136回直木賞候補作となる。 2009年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で第22回山本周五郎賞を受賞する。 2010年「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞する。父の一郎が同賞に6回(7作)も候補に挙がりながらも落選し続ける姿を見てこういう賞がなければいいとまで思っていた。

12345678910

12345678910