皆の本棚にある獅子 文六の本

獅子文六
獅子 文六(しし ぶんろく、1893年(明治26年)7月1日 - 1969年(昭和44年)12月13日)は、日本の小説家、演出家。本名は、岩田 豊雄(いわた とよお)。演劇の分野では本名で活動した。日本芸術院会員、文化勲章受章。号は牡丹亭。 来歴・人物 横浜弁天通の岩田商会に生まれる。祖父は花火職人の平山甚太。実父は元中津藩士の岩田茂穂で、福澤諭吉に学んだのち絹織物商を営んでいたが、文六9才のおりに死去する。幼少の頃は中区月岡町9番地(現西区老松町の迎賓館付近)の官舎に住んでいた。戦争により疎開した先の愛媛県北宇和郡津島町に句碑がある。弟の岩田彦二郎は札幌グランドホテル社長。 日清戦争開戦前年に生まれ、横浜市立老松小学校から慶應義塾幼稚舎に編入学。普通部を経て、慶應義塾大学理財科予科に進学するも中退。 フランスに渡って演劇を勉強する。フランス人のマリー・ショウミーと結婚し、帰国後に長女巴絵を得るが、のち妻は病死。以後、富永シヅ子と再婚し、娘を育てる経緯がのち私小説『娘と私』となる(なお、戦後にシヅ子も病死し、文六は元男爵吉川重吉の娘・幸子と3度目の結婚。