皆の本棚にある牧野 雅彦の本

牧野雅彦
牧野 雅彦(まきの まさひこ、1955年11月27日- )は、日本の政治学者、広島大学教授。専門は、政治思想史。 神奈川県生まれ。神奈川県立横須賀高等学校、1979年京都大学法学部卒業後、1984年名古屋大学大学院法学研究科博士課程満期退学。93年「ウェーバーの政治理論」で法学博士。名古屋大学法学部助手、88年講師、93年助教授、同年広島大学法学部助教授、95年教授。 著書 単著 『ウェーバーの政治理論』(日本評論社 1993年) 『政治思想への招待』(日本評論社 1999年) 『責任倫理の系譜学――ウェーバーにおける政治と学問』(日本評論社, 2000年) 『共存のための技術――政治学入門』(日本評論社, 2002年) 『はじめての政治学――子どもと語る政治とのつきあい方』(平凡社新書 2003年) 『歴史主義の再建――ウェーバーにおける歴史と社会科学』(日本評論社, 2003年) 『マックス・ウェーバー入門』(平凡社新書 2006年) 『国家学の再建――イェリネクとウェーバー』(名古屋大学出版会、2008年) 『ヴェルサイユ条約――マックス・ウェーバーとドイツの講和』(中公新書、2009年) 『ロカルノ条約――シュトレーゼマンとヨーロッパの再建』(中央公論新社[中公叢書]、2012年) 『精読 アレント『全体主義の起源』』講談社選書メチエ 2015 訳書 ヴォルフガング・J・モムゼン『マックス・ヴェーバーとドイツ政治 1890-1920』(未來社, 1993年-1994年) 脚注 ==。